ヤギ牧場のワン達

yagino77.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015/10月4~5週記

今回は画像のみです。
今のシーズン我が家の庭にはあまりアップに適した草花はあrませんが、それでも無理矢理しますね。
多分、今年のうちの裏山の紅葉は素晴らしいのでは? アップ予定! なぜって、まだ10月なのに今日の朝の気温はいきなり0℃です。ヤギのバケツの水が凍っていました。


そばの実
f0161158_2135439.jpg

いちいの実
f0161158_214658.jpg

郵便受けの・・・・・・。(郵便受けは近いうちに替えたい。)
f0161158_2142912.jpg

シバヤギの赤ちゃん、二つ生まれましたが親の面倒見が悪く、二日後に・・・・・♭♭。
f0161158_21115661.jpg

[PR]
by nanakoinu77 | 2015-10-23 20:32

2015/10月3~4週記

自分記
農業高校勤務・実習助手時代、生徒は16から18才、私は21か22位となると、当然構えてしまう。歳の差がないのでなめられてはいかんと云う気持ちがつよかったのかな。
私の担当は酪農部門でした。酪農の実践的技術では自信たっぷりの私でしたから余計強気で生徒と接していたのかな。酪農を専攻していた生徒はそう多くはいませんでしたが、専攻は2~3年生と云うことで、それでも20数名位はいましたね。牛の乳搾り、飼料の給餌、農業機械の操作と、たまには授業も持たせてもらいました。まあ、担当の先生次第と云うこともありましたね。
こんな務めを三十位までしてましたか。
この時代、仕事も遊びも一番でしたね。九州熊本に生徒の県外研修の引率で、夜行寝台特急で。生徒とよく喧嘩もしました。夏休みには東京の大学に行かせていただきました。飲めないお酒も、よく飲まされました。冬には同僚と八ヶ岳へスキーに行きました。
そして二十九で独身とお別れです。それを機に新たなる地に・・・・・・・・?


巨大シイタケ
f0161158_20504926.jpg

うちのアケビ
f0161158_2051333.jpg



f0161158_2052303.jpg

うちの渋柿
f0161158_20532586.jpg

サンゴジュの垣根、刈り込み中。
f0161158_20534229.jpg

名前不明、球根類?です。
f0161158_2054594.jpg

[PR]
by nanakoinu77 | 2015-10-19 20:42

2015/10月2~3週記

今シーズン三回目のヤギチーズを作りました。お味は一か月後。
今シーズンはあと一回くらいしか作れないと思います。来シーズンは十回くらいは予定したいと思っています。そしてヤギチーズのほしい人が多いようでしたら商品化ってほどのことはありませんが、現在販売しています冷凍ヤギミルクにヤギチーズも加えてゆきたいと考えています。まだどのような感じにするか、値段は? 全然考えていません。ただ勿論チーズもペット用でしか販売できませんね。以前もお話ししましたが愛知県の場合、乳製品の処理許可をもらうにはお金が掛かり過ぎてできません。
そんな感じですが、もう一年試行錯誤してチーズに取り組みたいと思っています。試食、サンプルは予定していますので興味ある方はご一報ください。


f0161158_20412596.jpg
f0161158_20413382.jpg

[PR]
by nanakoinu77 | 2015-10-12 20:41

2015/9月5週~10月1週記

“オレンジのじゅうたん” 金木犀の花、暴風雨で一日で散ってしまいました。♭♭。

f0161158_2035941.jpg


自分記、浜松時代は二十代始めから三十位です。青春真っ只中、恋に傷つき傷つけ、そして独身に別れを告げる時期までの、そんな時代を回想してみたいと思います。回想ですからまあ不確かでしょうね?

浜松に来てしばらくは紹介していただいた牧場で働いていましたが、残念ながらお給料が安くとても生活できる感じではありませんでした。三食付でしたが将来のことを考えると先行き心配で新たなる新天地をさがす必要を感じていました。
そんな折、私の働く牧場に近くの農業高校から研修生が入ってきました。その子から高校の農場で酪農部門の実習助手をさがしているので私にどうか? もしその気があるなら担当の先生に紹介しますとのこと。
働いていた牧場主からも“いい話じゃないか”と快く背中を押され農業高校への転職を決めました。
農業高校勤務時代が、今から振り返ると一番熱く燃えて走り続けた時代であった。
それまで経験した、と云っても数年ですが、酪農のノウハウ・技術を子供たち(高校生)に教える素晴らしい教職と云う仕事が水を得た魚の様に調子に乗って飛ばし過ぎた時代でもありました。

少しだけ説明を。今まで働いていた牧場ですが、牧場主は開業獣医でありまして、よく私も獣医の助手としていろいろ手伝いと云うか経験をさせて頂きました。牛の人工授精士の免許もその頃取得し、たまには酪農家へ牛の受精に回ったりもしました。牛の手術・腹切りにも立ち会ったこともありました。本当にこの頃にいろいろな経験させてもらったことが私の酪農への自信につながったことは間違いありません。感謝!!

農業高校勤務時代の話しは次回といたします。




[PR]
by nanakoinu77 | 2015-10-05 14:47